No Picture
webdesign

2021年のWordPress(ワードプレス)が学べるおすすめサイト3選

ウェブデザインを学ぶなら外せない『WordPress(ワードプレス)』。スクールに行くのはなかなか敷居が高いと感じる人向けに、自宅にいながらオンラインで自宅から学習できるサイトをご紹介します。今、オンライン学習サイトは本当に充実しています。初心者向け〜プロを目指している方向けの本格的なものまで、様々なレベルのものが、様々な価格帯で選べます。中にはなんと、一部無料で利用できるサイトまであります(下記に紹介しています)!自分に合ったものを探してみてください。

No Picture
wordpress

【2021年版】ワードプレス以外のおすすめブログプラットフォーム

2021年現在、マーケティングや表現手法としてYouTubeやソーシャルメディアが台頭しているように見えますが、ブログサービスもまだまだ健在です。やはりSNSや動画では表現できない魅力やメリット(パッと見返せたり、自分のペースで読んで理解できるなど)が文章で綴られた情報にはあります。世界No.1WordPress.comで運営されているブログだけ見ても、毎月約4億900万人の人々が個人もしくはビジネスのブログを見ています おすすめ1. はてなブログ アフィリエイトも可能で、息の長い人気をほこる無料ブログサービス、はてなブログ。人気の秘密として、シンプルなデザインや、初心者でも最初からアクセスを集めやすい点があげられます。また、「はてなブックマーク」や「はてなブロググループ」というコミュニティもあり、これが結構活発なので、関連のあるコミュニティからアクセスしてもらえたり、他のユーザーとの繋がりももてます。 こんな人におすすめ! 深く考えずに手軽にブログを作成したい人 初期投資を抑えてアフィリエイトしたい人 「はてなブックマーク」で情報を集めたい人 おすすめ2. ユーザーとコミュニケーションを取り合うら「Amebaブログ」 芸能人ユーザーも多いことでしられるAmebaブログ、通称「アメブロ」。サイト内のコミュニティが活発なのが大きな特徴で、SNSっぽい要素もあるため、はてなブログよりもユーザー間のコミュニケーションがとりやすく、繋がりやすい環境になっています。 気に入ったユーザーをフォローすることができ、さらにコメント機能での交流も盛んです。さらに、現在は商用利用も可能になっているので、ビジネス目的でも使用できます。 こんな人におすすめ! アメブロ内でユーザーと濃く交流したい人 ユーザーが多いブログサービスを使いたい人 おすすめ3. クリエイターがコンテンツを発信するなら「note」 クリエイターさんには断然、noteがオススメです!noteは情報を発信しやすく、また、ファンと交流しやすい仕組みになっています。そして見逃せないのが、noteには発信した情報を売って収益化しやすい仕組みもあることです。記事のテンプレや色合いなどは決まっているので、創作活動に集中しやすいメリットもあります。 こんな人におすすめ! 創作物を発信したい人 ファンを作ってコミュニケーションを取りたい人 情報発信して(アフリ以外で)収益につなげたい人